CBDワックスの使い方(吸い方)を初心者向けに解説!【注意点あり】

CBDワックスの使い方(吸い方)を初心者向けに解説!【注意点あり】

CBDワックスの「正しい使い方」を知っているだろうか。

実は使い方のコツを知らない場合、ワックスの吸いごたえは半減してしまうのだ。

せっかくのCBDワックス、できたら1mgもムダにしたくないと思う。

ということでこの記事では、CBD歴が1年を超える私が「効率的な使い方」について、画像付きで解説していく。

また、ワックス初心者が知っておくべき注意点など、知っておかないと損する点もまとめた。3分ほどでよめるため、ぜひ参考にしてほしい。

CBDワックスの使い方(吸い方)を解説

まずは基本的な使い方について。

ワックスの使い方(吸い方)

①:必要なもの3点を用意する
②:アトマイザーにワックスを入れる
③:温度調節を行い、吸引する

基本をおさえておくのは重要だ。
理解している方も、復習がてら見てほしい。

①:必要なもの3点を用意する

ワックスの使用に必要な3点

まず、ワックスの使用には上記の3点が必要だ。

ワックスに必要な3点

・ワックス
・バッテリー
・アトマイザー

それぞれ、下記の記事でおすすめを紹介しているため、手元にない方は参考にしてほしい。

>>【2021年版】最強CBDワックスおすすめトップ10!

>> 20%引きあり:CBDにおすすめなヴェポライザー3選

②:アトマイザーにワックスを入れる

アトマイザーに入れるワックスの量

量は、「米粒1つほど」がちょうど良い。

なおワックスには、下記のように「ジェル」と「シャッター(固形)」の2パターンに分かれている。

ワックスの名称

どちらも、米粒1つほどの量を入れておけば問題なく吸えるので、その点は安心してほしい。

③:温度調節を行い、吸引する

ヴェポライザーのランプが光っている画像

ヴェポライザーの電源を入れ、加熱していく。

なお、「airis社」のヴェポライザーなら、下記のようにボタン1つで操作できるため、非常に使いやすいはずだ。

なおairisの操作方法は、下記のとおりだ。

airisのヴェポライザーの使い方

①:5回押す→電源オン
②:2回押す→プレヒート
③:1回押す→加熱される
④:3回押す→設定温度が上がる
⑤:5回押す→電源オフ

数字ばかりになって申し訳ないが、基本的には①→⑤の手順で使用する。

初心者でも非常にわかりやすく使いやすいため、個人的には非常に気に入っているヴェポライザーだ。

>>airis Quaserを詳しく見る

CBDワックスをより味わい深く使用する方法

ここからは、CBDワックスの吸いごたえが「倍増」する使い方(吸い方)を解説する。

下記の3点をおさえていれば、よりCBDワックスを楽しめるはずだ。

効率的にワックスを使う方法

①:肺に10秒〜15秒ほど溜める
②:吐く時は鼻から出すようにする
③:設定温度を最高ランクにしてみる

ここが、使い方としてはミソになる。
ぜひ、身につけてほしい

①:肺に10秒~15秒ほど溜める

吸った蒸気を、肺にじっくりと溜めよう。
時間としては10秒~15秒ほどだ。

理由は肺に溜めることでCBDの成分が毛細血管に吸収され、よりCBD感を感じられるようになるからだ。

 

実際、3秒溜めた時と15秒溜めた時では、CBD感が全く違うように感じられた。

CBDワックスは決して安くないため、より効率的に体感したい方は「肺に溜める」という点をおさえておこう。

②:吐く時は鼻から出すようにする

鼻にも、小さな血管が多く存在している。

①で説明したとおり、CBDは「血管」によって吸収される。

だからこそ、血管が多い鼻から吐くことが重要なのだ。

私はこの使い方によって、だいたい3~4回吸うだけで満足して寝てしまう。

 

その結果ワックスが長持ちするため、ムダな散財につながっていないのだ。

なおCBDワックスは安くないため、「効率よく使う」という意識は重要だろう。

その点で言うと、【2021年版】最強CBDワックスおすすめトップ10!では、通常よりワックスが20%引きで購入できる方法も紹介している。

コスパを求める方は、こちらもぜひ参考にしてほしい。

③:設定温度を最高ランクにしてみる

温度が高くなると、溶けるワックスも増える。

すると当たり前だが、吸引するCBD量も増えるので吸いごたえも強くなるのだ。

ちなみに、先ほど話したairisでは「3段階調整」が可能であり、私はいつもレベル2の温度で使用している。

 

そして、「今日はじっくりと楽しみたいな」と思う時にレベル3へと設定し、使用している形だ。

なおCBDワックスの中でも人気がある「ファーマヘンプ」と「アステカ」には、airis Quaserがセットになっている商品がある。

それぞれ、下記のレビュー記事内で紹介しているため、ワックス初心者なら要注目だ。

レビュー:【最高峰】 PharmaHemp(ファーマヘンプ)ワックスまとめ!クーポンあり

レビュー:【最高品質ヘンプ】 AZTEC(アステカ)ワックスをレビュー【フレーバーが神】

CBDワックスを使う時の注意点

最後に、ありがちな失敗に対する注意点を3つ紹介する。

ワックスを使う時の注意点

①:初めて使う時はゆっくりと吸おう
②:固まった時は湯煎をして溶かそう
③:リキッド用アトマイザーは使えない

知らない点がないか、チェックしてほしい。

①:初めて使う時はゆっくりと吸おう

ワックスは、リキッドの5倍ほどの吸いごたえがある。

そのため、いきなり大量に吸い込んだりすると、ほぼ確実にむせるだろう。

私も初めてワックスを使った時は、あまりのキック感によくむせていた。

だからこそ初めは自分の体になじませる様、少しずつ吸うことをおすすめする。

お酒と同じで、慣らすことがポイントだ。

②:固まった時は湯煎をして溶かそう

ジェルタイプのワックスの場合、石のごとく固まってしまう場合がある。

その時は湯煎をして、少し溶かしておこう。

なお水に濡らしたタオルを、電子レンジで温めて「熱いタオル」を作成し、そのタオルでワックスの容器を包み込むのも良い。

とにかく、「カチコチなら温めて少し溶かす」ということを頭に入れておけば問題ない。

③:リキッド用アトマイザーでは使えない

リキッドとワックスのアトマイザー

アトマイザーには、「リキッド用」と「ワックス用」の2種類がある。

そして、リキッド用のアトマイザーではワックスを使用することができない。

なお形が似ているため、ワックス用のアトマイザーなのか・・という点はチェックしておこう。

ちなみにワックス用アトマイザーには「さじ」がついているため、そこで判断すればOKだ。

ワックス用アトマイザーにはさじが付いていることを示した画像

20%引きあり:CBDにおすすめなヴェポライザー3選【CBD歴1年が紹介】 にて、部品の説明もしているため、詳しく知っておきたい方はチェックしておこう。

まとめ:CBDワックスはたまらない一品【正しい使い方を理解しよう】

ワックスは、CBDの中では最も吸いごたえが強い種類だ。

だからこそ、今回紹介した「効率的な使い方」を覚えて、ぜひワックスを使用してほしい。

おそらく、あまりのインパクトに1度は驚いてしまうだろう。

なお、【2021年版】最強CBDワックスおすすめトップ10!にて、初心者へとおすすめできるワックスを紹介している。

さらに上記の記事では、20%オフで購入できる方法などの、財布に優しい情報も書いた。なので購入するワックスが決まっている方も、ひとまず目を通しておくべきだ。

ムダな損がないよう、チェックしておこう。

3 COMMENTS

【事実】CannaTech(キャナテック)のワックスが優れものである理由 | CBDハック!! へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です