【初心者向け】CBDリキッドのおすすめ7選【2021年ランキング】

「CBDリキッドを購入したいけど、どれがおすすめか分からない。買って失敗しないリキッドを知っておきたい・・」

こんな悩みを抱えていないだろうか。

先に断言しておこう。
この記事では、あなたが100%満足できるCBDリキッドを紹介する。

なお今回は、CBD歴が1年を超える私含めた2人で「おすすめランキング」を作成した。

また、CBD未経験の私の知り合いにも実際に使ってもらい、「初心者目線でも満足できるリキッドはどれか」という点を、ひたすら探求した。

やり過ぎだろ、と思われるほどランキング作成には時間をかけたため、ぜひあなたのリキッド選びの参考にしてほしい。

なお、記事の構成は下記のとおりである。

本記事の内容

1,ランキングの基準について
2,総合リキッドランキング7選
3,安いリキッドランキング5選
4,購入する前に知っておきたいこと
5,リキッド選びに悩む方におすすめの品

では、ここからが本題だ。
早速、見ていこう。

おすすめランキングの基準について

下記の3つを基準に作成した。

ランキングの基準

①:濃度
②:フレーバー
③:CBDの種類

ここはリキッド選びにおいて、重要な点だ。
サクッと、頭に入れておいてほしい。

その①:濃度

結論として、初心者なら「5%」もしくは「10%」の濃度が良い。

なぜならCBDの効果をきちんと感じられ、かつ「1番吸いやすい濃度」であるからだ。

5%より低濃度の場合だと、人によっては何も感じないことがあり、逆に10%より高濃度の場合だと、激しくむせることがある。

だからこそ、「5%」か「10%」を選ぶべきということを理解しておくべきだ。

その②:フレーバー

フレーバー選びも重要だ。

同じ商品でも、10種ほどのフレーバーを用意してくれているメーカーもある。

なのでこのランキングでは、「どのフレーバーが吸いやすかったか」という点も細かく書いていく。

それぞれ、参考にしてほしい。

その③:CBDの種類

CBDには、大まかに下記の2種が存在する。

CBDの種類

・単一CBD
・フルスペクトラムCBD

単一CBDとは、その名の通り、CBDのみが含まれた製品だ。

またフルスペクトラムCBDとは、CBD以外にもCBGやCBNなどの成分が入っている製品のことである。

なおCBDは、CBGなどの他の成分があることで、より効果が高まることが分かっているのだ。

私もリキッドを買うなら、必ずフルスペ版を選んでいるほどであり、フルスペクトラムという単語を見たら「効果が高いタイプか」と理解すれば、それで充分である。

CBDリキッド|総合おすすめランキング7選

さて、ここからが本題だ。

「これなら間違いない、失敗しない」と断言できる7つのCBDリキッドを紹介する。

おすすめランキング

1位 ファーマヘンプ
2位 アステカ
3位 プラスウィード
4位 HERBS
5位 Koi
6位 CBDfx
7位 CBDLIVING

なお先に言ってしまうが、初心者は上位3つのどれかを選べば良い。

それだけ、満足度が高いリキッドなのだ。

では、見ていこう。

1位 ファーマヘンプ

pharmahemp(ファーマヘンプ)のリキッド

濃度 容量 種類 価格
5% 10ml フルスペクトラム 8,900円

ファーマヘンプが、文句なしの1位だ。

濃度は5%で、とても吸いやすい。もちろんむせることも無かったし、未経験の知り合いもこれには大満足だった。

なおフルスペ製品のため、CBDの効き目もしっかりとしている。経験者の私たちでも満足できる最高の一品だと感じた。

なお、フレーバーは下記の10種だ。

10種のフレーバー

・ライム
・カンナビス
・ティラミス
・ピニャコラーダ
・グリーンアップル
・メンソールブルー
・バニラカスタード
・ハネデューメロン
・アマレーナチェリー
・クリーミーストロベリー

「ライム」「カンナビス」「メンソールブルー」が中毒的な美味しさを感じたため、ぜひ試してみてほしい。

また、オトクな情報が2つある。

1つ目は、「初心者キット」の存在だ。

ファーマヘンプの初心者キット

上記の初心者キットでは、リキッドに必要なヴェポライザーとリキッドがセットで買える。

単品で購入するよりも、2,000円ほど安く購入できるため、ヴェポライザーが無い方には必見のセットだ。

2つ目は、20%引きクーポンについてだ。

当サイトから、販売サイトである「CBDMANiA」にアクセスし、「CBDMANiA20」のコードを入力すると、20%引きで購入できる。

クーポンの使用法は記事の後半で伝えるので、頭の片隅に入れておいてほしい。

>>ファーマヘンプを詳しくみる

2位 アステカ

AZTEC(アステカ)のリキッド

濃度 容量 種類 価格
5% 10ml フルスペクトラム 9,800円
10% 10ml フルスペクトラム 14,800円
20% 10ml フルスペクトラム 24,800円

2位はアステカだ。

5%ならファーマヘンプ一択だが、高濃度寄りの「10%タイプ」を求める人にはアステカが1番おすすめできる。

アステカは5年も続くイギリスのブランドであり、CBDの質はかなり高い。

それでいて10%の場合なら14,800円のため、コスパはかなり良いのだ。

なお、フレーバーは8種類用意されている。

8種のフレーバー

・アイスミント
・オージークッシュ
・サワーディーゼル
・クラシックヘンプ
・スイートストロベリー
・スーパーレモンヘイズ
・グランドダディーパープル
・スキットルズ(* 20%のみ)

「オージークッシュ」「サワーディーゼル」が個人的には美味しいと感じた。
とはいえ、ハズレの味はないので、自分の直感に従ってOKだ。

なおファーマヘンプの5%では物足りないと感じるなら、アステカの10%という印象だ。CBDの効き目は最高なため、後悔はしない。

ちなみに先ほど話した、20%引きクーポン(CBDMANiA20)も使える。こちらも有効活用してほしい

>>アステカを詳しく見る

3位 プラスウィード

+WEED(プラスウィード)のリキッド

濃度 容量 種類 価格
3%~10% 10ml 単一CBD 5,390円~16,390円
10%~60% 10ml フルスペクトラム 18,590円~73,590円

3位はプラスウィードだ。

CBDでは珍しい日本のブランドであり、「安心感」が最大のポイントになる。

公式サイトには電話とメールでのお問い合わせがあり、CBDにちょっとした不安感がある人でも安心してCBDを使えると思う。

価格は1位、2位に比べて、少し高めだが、「安心感」を買うと思えば安いのではないだろうか。

なお、フレーバーは下記の3種類だ。

3種のフレーバー

・ピーチシャンパン
・ハーバーフレーバー
・ネイチャーフレーバー

上記2つは単一CBD版のみ、ネイチャーフレーバーはフルスペCBDのみの提供となる。

また、どれも美味しい味だったため、直感で決めて良いだろう。

>>プラスウィードを詳しく見る

4位 HERBS

HERBS(ハーブス)のリキッド

濃度 容量 種類 価格
1% 15ml 単一CBD 2,200円
3% 15ml 単一CBD 5,060円
5% 15ml 単一CBD 7,260円
10% 15ml 単一CBD 13,200円

4位はHERBS

1%濃度の存在がポイントだ。
とにかく低濃度を求める人にはおすすめのリキッドであり、こちらも日本製のため、安心感でも優れている。

なおフレーバーは下記の5種類だ。

5種のフレーバー

・ナチュラル
・メンソール
・カンナビス
・レモンティー
・ストロベリーマンゴー

ストロベリーマンゴーが、甘い味わいで美味しかった。甘さを求める人にもおすすめできるリキッドだ。

>>HERBSを詳しく見る

5位 Koi

Koiのリキッド

濃度 容量 種類 価格
1.6% 30ml 単一CBD 4,950円
3.3% 30ml 単一CBD 7,920円

5位はKoiだ。

こちらも「30ml型」という大容量タイプのため、「とにかくたくさん吸いたい!」と思う方にはピッタリだろう。

CBD濃度は低めだが、30mlもあるため、たくさん吸っても余裕で1ヶ月は持つ感覚だ。

なお、フレーバーは6種類用意されている

6種のフレーバー

・ピンクレモネード
・グリーンアップルサワー
・バニラキャラメルカスタード
・ストロベリーミルクシェイク
・フレーバーレスコイホワイト
・ブルーラズベリードラゴンフルーツ

「フレーバーレスホワイト」以外は甘い味わいのため、こちらも好きな果物の種類があるなら、そこから選ぶのが良いだろう。

ちなみに、先ほど話した20%引きクーポン(CBDMANiA20)も使える。

>>Koiを詳しく見る

6位 CBDfx

CBDfxのリキッド

濃度 容量 種類 価格
1.6% 30ml 単一CBD 7,480円
3.3% 30ml 単一CBD 11,680円

6位はCBDfx

最近、少しずつ人気を集めているブランドだ。

なお有名アスリートを中心に、男性女性問わず使用する方が増えてきた印象がある。
>>参考:トップアスリートがCBDを愛用する理由

なお、フレーバーは下記の6種類だ。

6種のフレーバー

・ブルーラズベリー
・ストロベリーミルク
・ストロベリーキウイ
・フルーティーシリアル
・レインボーキャンディー
・ワイルドウォーターメロン

CBD濃度が低い分、フレーバーにかなり力を入れている印象があった。

どれも甘い味わいのため、ここは好みの果物から選ぶのが良いと思う。

ちなみに、先ほど話した20%引きクーポン(CBDMANiA20)も使える。こちらも有効活用してほしい。

>>CBDfxを詳しく見る

7位 CBDLIVING

CBDLIVINGのリキッド

濃度 容量 種類 価格
3.3% 30ml 単一CBD 11,800円

7位はCBD LIVINGだ。

特徴なのは、「ナノCBD」を使っていることである。

NANOCBDの説明

とにかく「品質」にこだわっているのがポイントであり、価格は高めだが、購入して損はないだろう。

なお、フレーバーは下記の4種類だ。

4種のフレーバー

・ノンフレーバー
・ウォーターメロン
・トロピカルブレンド
・パッションフルーツ

個人的には、トロピカルブレンドが美味しく感じたため、悩む方にはおすすめだ。

>>CBD LIVINGを詳しく見る

補足:高濃度を試したいならカートリッジがおすすめ

30%~60%などの「高濃度タイプ」を試したい方には、カートリッジ型を強くおすすめする。

*カートリッジとは、リキッドがVAPEの容器にあらかじめ入っている製品。

プラスウィードの60%(約7万円)を見てもらうと分かるが、高濃度リキッドはとにかく高い。

しかし、カートリッジなら同じプラスウィードの60%タイプでも7,000円ほどで買えるのだ。

容量は0.5ml~1.0mlと少ないが、高濃度を体験するには充分な量であり、私もカートリッジで60%を体験した。

【最新版】CBDカートリッジのおすすめをステマなしで5つ紹介【厳選済み】にて、上記のような高濃度タイプをまとめている。

なお、60%を超える衝撃の一品もあるので、こちらもぜひ参考にしてほしい。

CBDリキッド|安いおすすめランキング5選

ここでは、とにかく価格が安いCBDリキッドを紹介していく。

価格が安いおすすめリキッド

1位 カンナビジオール 1,320円
2位 月の葉      1,480円
3位 カンナプレッソ  1,680円
4位 HERBS       2,200円
5位 りきっど屋    3,979円

上記のとおりで、4,000円以下のリキッドもたくさんあるのだ。

安さにこだわる人は参考にしてほしい。

1位 カンナビジオール 1,320円

カンナビジオールのリキッド

濃度 容量 種類 価格
0.7% 5ml 単一CBD 1,320円

カンナビジオールが、今あるCBDリキッドの中で最も安いものだろう。

ただ濃度は0.7%とかなり低いため、「お試し品」として使うべきだと感じる。

>>カンナビジオールを詳しく見る

2位 月の葉 1,480円

月の葉のリキッド

濃度 容量 種類 価格
1% 10ml 単一CBD 1,480円

月の葉も、非常に安いCBDリキッドだ。

濃度は1%だが、とりあえずCBDの様子見をしたい方にはおすすめだろう。

>>月の葉を詳しく見る

3位 カンナプレッソ 1,680円

カンナプレッソのリキッド

濃度 容量 種類 価格
1ml 10ml 単一CBD 1,680円

カンナプレッソも、1%のリキッドだ。

しかしフレーバーは8種と豊富であり、選べる幅が広いことが魅力である。

8種のフレーバー

・マンゴー
・メンソール
・ストロベリー
・チェリー・ミント
・フレーバーレス
・ナチュラル・ヘンプ
・ストロー・メロン・アイス
・グレープ・ブラックカラント

上記のとおりで、味わいを求める人には大きなポイントになるはずだ。

>>カンナプレッソを詳しく見る

4位 HERBS 2,200円

HERBS(ハーブス)のリキッド

濃度 容量 種類 価格
1% 15ml 単一CBD 2,200円

総合ランキングにもランクインした、HERBSだ。

1%タイプの中での価格は高いが、日本産なため「安心感」は大きい。

質にこだわっている印象も強く受けたので、見る価値はあるだろう。

>>HERBSを詳しく見る

5位 りきっど屋 3,979円

りきっどやのリキッド

濃度 容量 種類 価格
3.3% 30ml 単一CBD 3,979円
10% 10ml 単一CBD 3,979円

上記の2タイプがあるため、自分に合ったCBDを選べるのが強みだ。

個人的な感想としては、フレーバーがかなり美味しかったという印象がある。

そのため、フレーバーを楽しみたい人にはこの低価格リキッドがおすすめだ。

6種のフレーバー

もも極
メロン極
みかん極
メンソール
青りんご極
マスカット極

上記のとおり、フルーツのフレーバーが多い。

選びやすさが「りきっどや」の強みだろう。

>>りきっどやを詳しく見る

余談:安いリキッドはあまりおすすめできない

申し訳ない。
私の本音として、安いリキッドはおすすめできない。

なぜなら価格だけを見て、濃度が1%などの「うすいリキッド」を使っても、ほとんど効果を感じないからだ。

商品名を具体的には出さないが、とある商品ではCBDの効き目をほとんど感じれず、「失敗したな」という強い後悔がある。

つまり安いリキッドを買う人は、その辺りの心づもりをしておいた方がいいだろう。

なお下手に失敗したくない人は、総合ランキングで紹介したリキッドを選んでおくのが無難だ。あちらに、ハズレはない。

>>総合ランキングをもう一度見る

CBDリキッドを購入する前に知っておきたいこと

最後に、予備知識を解説する。

購入する前に知っておくべきことなので、ぜひ参考にしてほしい。

購入する前に知っておきたいこと

タイトル

①CBDリキッドは”やばい”?
②CBDリキッドにある効果は?
③CBDリキッドの正しい使い方は?
④CBDに必要なヴェポライザーとは?
⑤どこで購入するのが1番お得なのか?

その①:CBDリキッドは”やばい”?

そんなことは、一切ない。

違法性もなければ、危険性もないからだ。

実際、私の知り合い3人もCBDを1年以上使っているが、CBDによって体調をくずした・・という経験はないため、その点は安心してほしい。

とはいえ、その辺りに不安があるなら、まずは下記の2記事に目を通すべきだ。

>>違法

>>危険性

その②:CBDリキッドにある効果とは?

結論として、「リラックス」だと感じる。

具体的には、寝つきが良くなりストレスが大幅に減ったのだ。

とはいえ、この点は個人差もあるため、詳しくは下記の記事を読み込んでほしい。

私は、CBDリキッドの素晴らしさに気づいた1人だ。

その③:CBDリキッドの正しい使い方とは?

ここは画像で説明しよう

タイムライン

より詳しく知りたい方は、下記の記事も参考にしてほしい。

その④:リキッドに必要なヴェポライザーとは?

リキッドを使用するには、別売りのヴェポライザーが必要となる。

とはいえ、下記の2点を同時に購入すればOKだ。

・airis Vertex
・リキッド用アトマイザー

この2点が1番安いヴェポライザーとなっている。

私も使用しているが、非常にコンパクトで使いやすく、誰にでもおすすめできる。

なお、ヴェポライザーがどんなものなのか分からない方は、下記の記事に目を通しておいてほしい。

その⑤:リキッドはどこで購入するのがお得なのか?

CBDMANiAだ。

記事中では何度か紹介したが、20%オフクーポンが使える。

楽天などでもリキッドは購入できるが、そのようなクーポンはないため、やはりCBDMANiAを利用しない手はない。

CBDMANiAにあるリキッド
ファーマヘンプ
アステカ
CBDfx
Koi

なお、上記の4商品のみ、クーポンが使用可能だ。

クーポンの使用法についても、ここで解説しておこう。

タイムライン
→購入手順の説明

まとめ:CBDリキッド選びに悩むならこの3品がおすすめ

結論として、初めてのCBDリキッドには、下記3つのどれかがおすすめだ。

ファーマヘンプ
アステカ
プラスウィード

それぞれを一言で表すと、次のとおり。

ファーマヘンプ
→リキッドの定番。安定の吸いやすさ

アステカ
→コスパが神レベル。10%台ではTOPのリキッド。

プラスウィード
→日本製。「安心感」が最大の売り。

自分がどのタイプを求めるか・・という点を考えた上で、この3品から選んでほしい。

自分で言うのはおこがましいが、この3品は決して後悔はしないリキッドだと自信を持って伝えられる。

なお個人的には、ファーマヘンプが安定の1位だと確信している。

とはいえすべてレビュー記事も書いたため、ぜひ自分に合う最高の一品を探してほしい。

それでは、今回は以上だ。

カード