【合法】CBDに違法性がない理由を解説【CBD歴1年が論破する】

【事実】CBDに違法性がない理由を3分で解説【CBD歴1年が論破する】

「CBDにはリラックス効果などがあり人気らしい。でも、本当に違法ではないのか?その辺りをあいまいにしておきたくないな・・」

上記のような悩みを抱えていないだろうか。

結論から言うと、CBDは合法だ。違法性への心配は必要ない。

とはいえ、「大麻から取れる成分」というだけあって、不安を感じている人は多いだろう。

ということでこの記事では、CBDを1年ほど使用している私が、「CBDの違法性」に関して様々な角度から深掘りしていく。

なお私は、根っからの「心配性」なため、この辺りの情報はすべて調べ尽くした。その上でCBDの魅力に取りつかれ、今も楽しく使用している。

 

また、3分ほどで読める記事だ。
ぜひ参考にしてほしい。

CBDに違法性は1mmもない

再度書くが、CBDに違法性はない。

CBDとTHCの違いを理解しよう

そもそもCBDとは、「大麻草」の中にある1つの成分だ。

そして大麻草には、主に「CBD」と「THC」の2種が存在しており、それぞれの意味合いは下記のとおりになる。

大麻に含まれる成分

・CBD:合法成分
・THC:違法成分

上記のとおりで、違法なのは「THC」という成分なのだ。

つまり、THCがそもそも入っていないCBDには、違法になる理由が1mmもないことになる。

日本の法律を見てみよう

では、日本がどのように法律を定めているか確認しよう。

この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。

ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

引用:大麻取締法

見るべきは、上記の黒文字だ。

大麻草の中でも、茎および種子の使用は許可されている。

ここで一度、CBDとTHCが大麻草のどの部分から取られているかを見てみよう。

取得される部位

・CBD:成熟した茎と種子から
・THC:大麻草の葉や花から

上記のとおりで、CBDは茎と種子から抽出されている成分だ。そのため法律が語る「成熟した茎並びに大麻草の種子」に当てはまっており、違法性がないことは明らかなのである。

なお余談だが、七味唐辛子や亜麻仁(アマニ)オイルなどのオーガニック製品も、大麻の茎および種から取られている成分だ。

 

つまり、CBDの立ち位置は七味唐辛子たちと変わりはない、とも言える。

「CBDは大麻から取られた〜」という言葉の響きで「違法ではないか?」と悩む人も多いが、そんなことはないのだ。正しい情報を知っておくことが重要である。

>>CBDとはに流そう。

CBDが違法だと勘違いされやすい理由

おそらく、下記3つとCBDが混同されているからだろう。

CBDと混同されがちなモノ

①:大麻
②:医療用大麻
③:合法ドラッグ

それぞれ、CBDとの違いを説明する。

この辺りの知識も、身につけておいて損はないはずだ。

その①:大麻

先ほども話したが、大麻はTHCが入っている。そのため違法だ。

とはいえ、CBD製品はTHCが入っていないものであり、違法ではない。

つまりCBD=大麻、ではないため、ここをもう一度再認識しておこう。

CBDは、安全な成分だ。

その②:医療用大麻

医療用大麻とは、医療のために使われる大麻のことだ。

実は大麻も医学界から注目を集めており、アメリカやカナダ、韓国などの国では医療大麻が合法となっている。

とはいえ、CBDと医療大麻は全くの別物だ。医療大麻=CBDという考えも捨てておこう。

その③:合法(脱法)ドラッグ

合法(脱法)ドラッグとは、規制がまだ行われていないドラッグのことを意味する。

しかし、こういった物は国が見つけ次第、違法にしていく流れであり、まさに「いたちごっこ」のようなものなのだ。

なお当然だが、CBDは合法ドラッグの部類ではない。

というのも、国側もCBDの存在を認めており、CBDの販売許可を出しているからだ。

 

最近ではドンキホーテでもCBDが販売されており、CBDはますます流行の品になっていくだろう。

結論として、CBDに違法性は全くないのだ。

とはいえ、安全かつ安心に使用するには意識すべきポイントもあるため、その点を最後にまとめていく。

違法の心配がなく、安全かつ安心にCBDを使う方法

結論は、「有名ブランドを使おう」の一言だ。

というのも「有名=多くのユーザーが満足している」という裏返しでもあるからだ。

有名ブランド5社を紹介【体験済み】

・プラスウィード
・ヘンプベイビー
・ファーマヘンプ
・アステカ
・CBDfx

上記は、CBDの中でも有名なブランドだ。

なお私は上記すべてを使用したが、体調を崩すようなことは一切なかった。

むしろこれらのCBDが1つのきっかけとなり、寝つきが良くなるなどプラスの経験をしている。だからこそ、1年以上使い続けているのだ。

CBD初心者には「グミ」がおすすめである話

CBD未経験の方には「CBDグミ」をおすすめしたい。

なぜなら、「食べるだけ」でCBDを体験できるからだ。

ここで、有名なCBD製品の使用法を見よう。

CBD製品の使用法

グミ:食べるだけ

オイル:液状のCBDを口に直接垂らす

リキッド:電子タバコを使い、蒸気にして摂取する

上記から分かるが、グミの使用法は「圧倒的に楽」なのだ。

なおCBDといえばオイルが注目を集めているが、私個人としてはグミの方が味もあるため、よりCBDを楽しめると強く感じている。

【CBDグミの効果とは?】CBDグミを体験しないのは損である話にて、CBDグミがある生活がどういったものなのか、という点を書いた。

こちらも合わせて参考にしてほしい。

有名人含め利用者は増えてきている

CBDは2021年に入り、より注目を集めている。

例えば下記は、ダルビッシュ有選手の義姉弟である山本美憂さんと、RIZINで人気となった高橋遼伍さんのインタビュー記事だ。
>>トップアスリートがCBDを愛用する理由

上記の記事にも書いてあるとおり、CBDはかなりの優れもの。私としてはスマホと同じく手放せないアイテムの1つとなった。

ちなみにインタビュー記事内で紹介されたCBDは、CBDfxのグミだ。私も使用しており、気に入ったCBDの1つである。

なのでCBDを試したい人は、CBDfxでデビューしてみるのも良いだろう。

【レビュー】CBDfxのグミはコスパが神だった【多くの有名人も使用する一品】【レビュー】CBDfxのグミはコスパが神だった【あの有名人も愛用する一品】 レビュー記事:CBDfxのグミはコスパが神だった【あの有名人も愛用する一品】

まとめ:CBDは優れものだ

しつこいが、CBDに違法性は1mmもない。

私はCBDを愛用している身だからこそ、「正しい知識」が広まってほしいと願うばかりだ。

なお日本では、まだまだ「CBDは怪しい!」と言われると思う。しかし私なりに「CBDのすごさ」をこのようなメディアで伝えていけたらな・・と考えている。

そして、ここまで読んでいただきありがとう。

この「CBDハック」では、おすすめのCBD製品やCBD知識などを発信している。

あなたがCBDの可能性に気づき、少しでも試してみようと思ったら、ぜひ当サイトを参考にしてほしい。

なお他にもCBDに関する豆知識を書いているため、サクッと目を通してみてはどうだろうか。

>>CBDの情報をもっと見る

5 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。