【最新版】CBDカートリッジのおすすめをステマなしで5つ紹介【厳選済み】

CBDカートリッジといっても、その種類は軽く30を超える。

その中から自分に1番適したカートリッジを探すのは、やはり難しいことだろう。

ということで今回は、厳選したカートリッジを「5つだけ」紹介したい。また、カートリッジの特徴やデメリットについても説明していく。

ちなみに私はCBD歴1年ほどのCBD愛好家だ。カートリッジだけでも10種以上は触ってきたため、知識には自信がある。

カートリッジ選びに悩む方は、ぜひ参考にしてほしい。

CBDカートリッジとは

カートリッジの概要写真

CBDカートリッジとは、上記のとおりだ。

リキッドが容器(カートリッジ)に注入されており、「購入すればすぐに使える」という点から人気になっている。

よくある勘違い:CBDリキッドとの違いを理解しておこう

リキッドとカートリッジの違い

リキッドとカートリッジの違いを説明する。

それぞれの違い

・リキッド型:リキッドをアトマイザーに注入して使う。面倒な作業があるが、その分コスパは良い。なおヴェポライザーが必要。

 

・カートリッジ型:リキッドを注入する作業が必要ない。リキッドの「詰め替えパック」というイメージが適切。なおヴェポライザーが必要。

つまりカートリッジは、初心者にとって「使いやすい便利な商品」だ。

私の初CBDもカートリッジであり、あなたが初心者であるなら、カートリッジの存在に気づけたのは大きいと思う。

とはいえ、リキッドが気になった方もいるだろう。その方は下記の記事を参考にしてほしい。

 

>>参考:【初心者向け】CBDリキッドのおすすめ7選【2021年最新ランキング】

CBDカートリッジのおすすめ5選【厳選済み】

おすすめは、下記の5つだ。

おすすめのカートリッジ
1位 プラスウィード
2位 サクラ
3位 グリーンブルドッグ
4位 ファーマヘンプ
5位 アステカ

上記は私が10種以上使ってきた中でも、心の底からおすすめできるものであり、どれも良品である。

なお他の量産サイトでは「おすすめ10選~20選」とあったが、それでは本当のおすすめが何か分からないため、5つを厳選した。

では、紹介していこう。

おすすめ1位 プラスウィード

濃度 容量 フレーバー 価格
3%~10% 0.5ml×3本 2種 7,150円~9,350円
10%~60% 0.5ml 1種 3,300円~7,700円

断言する。
初心者なら、プラスウィードで間違い無しだ。

まず、3%〜60%までの圧倒的なバリュエーションがポイントであり、自分に合ったCBD濃度を選べる。

また、初心者のために「スターターキット」というものが販売されているのだが、これが1番優れている。

濃度 容量 フレーバー 価格
3% 0.5ml 2種 7,150円
5% 0.5ml 2種 8,250円
10% 0.5ml 2種 9,350円

上記がスターターキットの詳細だ。

ヴェポライザーとカートリッジがセットになっており、このキットさえ購入すれば、すぐにCBDを使える仕様となっている。

ちなみに、私の初CBDもこのスターターキット(10%)であり、満足度・使いやすさはダントツであると保証しよう。

それだけ、優れた一品なのだ。

なお、フレーバーは下記の3種類になる。

3種のフレーバー

・ピーチシャンパン(3%~10%)
・ハーバーフレーバー(3%~10%)
・ネイチャーフレーバー(10%~60%)

個人的には、ピーチシャンパンがおすすめだ。
桃の良い味わいであり、当たりのフレーバーだと感じる。

>>スターターキットを詳しく見る

おすすめ2位 サクラ

濃度 容量 フレーバー 価格
75% 1.0ml 1種 9,900円

サクラはカートリッジの中では最高の濃度だ。

初心者にはおすすめできないが、10%等のCBDを経験済みの人には、強くおすすめしたい。

言葉で伝えにくいのが残念だが、75%の威力は「半端ではない」と言っておこう。

10%台のリキッドを使って、「CBDってこんなものか・・」と思った方は、ぜひサクラを体験してほしい。おそらく、CBDに対する見方は変わるはずだ。

なお価格が高いように見えるが、容量は1.0mlもあり、実はコスパ面でも優れている。

ちなみにフレーバーは「ミント」の1種だが、クセのない美味しい味わいだと感じた。

>>サクラを詳しく見る

カード
レビュー:

おすすめ3位 グリーンブルドッグ

濃度 容量 フレーバー 価格
30% 0.5ml 5種 3,850円

グリーンブルドッグは安さが売りだ。

2位のサクラとは違い、濃度は30%だが、価格は4,000円を切る3,850円。

さらにフレーバーも5つあり、「CBDを楽しむ」という側面で優れている一品だ。

なおフレーバーについては、下記のとおり。

5種のフレーバー

・コーヒー
・マスカット
・ブルーベリー
・ホワイトチョコ
・エナジードリンク

個人的には、「マスカット」と「ホワイトチョコ」の2種が美味しいと感じた。

マスカットはさっぱりとしたフルーティーな味わいであり、ホワイトチョコは甘ったるすぎないちょうど良い甘さ、という味わいだ。

フレーバー選びで悩んだら、ぜひ参考にしてほしい。

>>グリーンブルドッグを詳しく見る

おすすめ4位 ファーマヘンプ

濃度 容量 フレーバー 価格
40% 1.0ml 6種 14,800円

CBDの老舗、ファーマヘンプだ。

価格は高いが、容量は1.0mlかつ濃度も40%あるため、CBDの満足度が高い。

3~4回吸うだけで満足できるほどのスペックであり、ファーマヘンプ好きの方にはたまらない一品であるはずだ。

なおフレーバーは下記の6種。

6種のフレーバー

・ジェラート
・アムネシア
・マンゴークッシュ
・ブルーベリーガム
・グレープストンパー
・スーパーレモンヘイズ

ジェラートとマンゴークッシュを試したのだが、どちらも万人受けする味わいだと感じた。

具体的には、ジェラートはほんのり甘い味わいであり、マンゴークッシュはその名の通りマンゴーの味わいだ。

>>ファーマヘンプを詳しく見る

おすすめ5位 アステカ

濃度 容量 フレーバー 価格
55% 0.5ml 3種 8,800円

アステカも55%という高濃度のため、非常にCBDの効き目が強い。

そして箱にもこだわりがあり、下記のようなおしゃれな入れ物となっている。

こちらも、アステカ好きの方なら試しておきたい一品だ。

なお3種のフレーバーの味わいを簡単に説明すると、下記のとおりだ。

3種のフレーバー

・スキットルズ
→グレープフルーツに近い味わい

 

・オージークッシュ
→CBD特有の青臭いシンプルな味わい

 

・ゴッドファーザークッシュ
→グレープに近い味わい

ぜひ、自分が好みだと思うフレーバーから選んでほしい。

>>アステカを詳しく見る

おすすめCBDカートリッジの選び方【初心者に捧ぐ】

5つ紹介したが、どれを選ぶべきか悩む方はきっといるだろう。

ということで、選び方の点も解説したい。


まず、あなたはどちらに当てはまるだろうか。

①:CBD初心者(未経験)

②:リキッドなどを経験済み

それぞれの場合でおすすめできるカートリッジがあるため、そちらを理由付きで説明する。

①:CBD初心者ならプラスウィード一択

①に当てはまる人には、プラスウィードをおすすめする。

というのも、やはり「スターターキット」の利便性が高すぎるのだ。

ちなみに私が初心者だったときは、下記のようなステップをたどった。

1:スターターキット(10%・ピーチシャンパン)を購入

 

2:プラスウィードの60%を購入

 

3:サクラ(75%)を購入

なお、スターターキットにはヴェポライザーが付いているため、別売りのヴェポライザーを探す必要がない。

このように、面倒な点が一切ないからこそ、CBDに不慣れな初心者にはおすすめできるのだ。

初心者ならプラスウィードだと断言しておく。

>>スターターキットを詳しく見る

【CBD初心者へ】プラスウィードのスターターキットを最初に買うべき話 レビュー:【CBD初心者へ】プラスウィードのスターターキットを最初に買うべき話

②:リキッドなど経験済みならサクラ一択

すでにCBDの経験があるなら、サクラ一択だ。

初心者にはキツい濃度だと思うためおすすめはしなかったが、経験者なら話は違う。

個人的には、下手に30%などの濃度を使うよりも、最高クラスの「サクラ」を購入することを強くおすすめする。

というより30~40%の濃度を購入したとしても、「これより上の濃度が気になる」と必ず思うはずなのだ。だからこそ、経験者にはサクラをおすすめしたい。

75%の圧巻の効き目に、間違いなくおどろくはずだ。

CBDの効き目は私が本当に保証するので、ぜひ体験してほしい。

>>サクラを詳しく見る

疑問:他のブランドは・・?

正直な話、使わなくてもいい。

アステカやファーマヘンプなど、ブランド自体が好きなら購入しても良いと思うが、まずは上記で紹介した2つが最優先だろう。

私は自称CBDのマニアなので、いろいろ買って試しているが、商品のスペックとしては「プラスウィード」と「サクラ」の2つがTOPだと感じている。

上記2つはステマなしでおすすめできるため、まずはどちらかを手にとってほしい。

おすすめのCBDカートリッジに関するよくある質問

最後に、カートリッジに関するよくある質問に答えていく。

よくある質問

・カートリッジのメリットは?
・カートリッジのデメリットは?
・カートリッジは何回くらい吸えるの?

質問①:カートリッジのメリットは?

おもに下記の3点だ。

・使いやすい
・リキッドよりもお手軽
・高濃度のCBDがそろっている

やはり、「使いやすさ」が1番大きな点である。

リキッドを注入する面倒な作業がなく、サッと使えるため、ストレスが0だ。

また、高濃度を格安の値段で試せるのも良い点だろう。

例えばプラスウィードの60%は、リキッドなら約70,000円もする。しかしカートリッジなら7,700円のため、気楽に色んな濃度を試せるのだ。

質問②:カートリッジのデメリットは?

おもに下記の2つだ。

・容量が少ない
・リキッドより割高

容量は、0.5mlもしくは1.0mlだ。

これは、リキッドが10ml型であるのを考えると、容量が少ないことがよくわかる。

また、容量が少ない分リキッドよりも割高になっている。これはプラスウィードを例に、下記の表で確認してみよう。

濃度 容量 価格 0.1ml当たりの価格
60% 0.5ml 7,700円 1,540円
60% 10ml 73,590円 735円

上記のとおりで、コスパだけを考えると、リキッドの方が優れている。

なおこれを聞いて、リキッドに興味が出た方は、【初心者向け】CBDリキッドのおすすめ7選を参考にしてほしい。

質問③:カートリッジは何回くらい吸えるの?

結論は下記のとおり。

0.5ml型:50回ほど
1.0ml型:100回ほど

一度に吸う量にもよるが、目安はこれくらいだ。

なお、濃度が30%を超えるような「高濃度タイプ」なら、基本的には3〜4回吸うだけでも満足できる。

そのため、毎日使っても、10日~15日ほどは持つ計算だ。

なのでとりあえず使ってみて、2週間の間にどれほど自分に変化が訪れるか、試してほしい。

>>おすすめランキングTOPに戻る

まとめ:カートリッジは体への自己投資だと考えれば安すぎる

正直な話、CBDを体験しないのは損だ。

私はCBDを使い始めたことで寝つきが良くなったり、ストレスがたまりにくい体になったと感じている。

なおカートリッジは価格だけを見ると高いように思えるが、買い替えのきかない「自分の体へのメンテナンス代」だと思えば、むしろ安いのではないだろうか。

ぜひ、この機会に試してほしい。

特に、初心者にはプラスウィードのスターターキット。経験者にはサクラが一押しだ。

この2つのどちらかを購入しておけば、まず間違いはない。

CBDの世界を楽しもう。